· 

小柳優衣 腐蝕銅展

 

作家在廊日:10月16日(土)、17日(日)

※ 作品のお求めやご相談は 乙画廊 様または 当サイトのメールフォーム までお気軽にご連絡ください。

 


 出品作品紹介

 

 

作品番号 

わたしたちはずっと探している

the seeking

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 150×200 mm

①税込価格 198,000円 (定価180,000円) 

 

言いようのない不足感を抱きながら、居場所を、魂の片割れを、自分の心を、探し続けている。曖昧で着地点のない問いはとても疲れるので、自分と似ている何かに依存してなんとか人らしい姿を保っているだけ。

 

 

 

作品番号 2

水槽の記憶

water bowls 

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 200×150 mm

①税込価格 198,000円 (定価180,000円) 

 

命とは、循環すべき水を一時的に汲み置いた水鉢である。

 

 

 

 

 

作品番号 3

渦潮を起こしに

To generate whirlpool 

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 450×350 mm

①税込価格 297,000 円 (定価270,000円) 

 

女性の姿をした伝承上の存在"セイレーン"は、サイレンの語源。その美しい歌声は、人を惑わせ渦に引き込んでしまうため、人々の注意を喚起する警戒音の意味を持ちました。本作品は、セイレーン達が地図を広げて知恵を寄せ、これから自分たちがどこに行くか算段を立てているシーンです。彼女たちの存在は、これまで海上では可視化されなかったけれど、確かにそこに前からずっと在ったもの。海面を超え、行先は自分で決める。

 

↓制作過程

 

 

 

作品番号

 奇妙なかくれんぼ

hidden and no seeker

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 150×200 mm

③税込価格 198,000 円 (定価180,000円)

 

ガラスの天井を見上げているとき、今、当たり前に暮らしているこの場所の、土台に隠れているもの。まるで探す人のいないかくれんぼ。

 

↓制作過程

 

 

 

作品番号

ひみつのいりぐちⅡ

secret entranceⅡ

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 150×200 mm

④税込価格 198,000 円 (定価180,000円)

 

小さい命は未来の希望。

この子たちにしか進めない領域を、侵してはいけない。

この先には、不可侵のたからものがあるのだ。

 

↓制作過程

 

 

 

作品番号 

もっと遠くへ

farther

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 200×150 mm

⑤税込価格 198,000 円 (定価180,000円)

 

性別や属性に関係なく、だれもがもっと生きたいところへ行ける。

強い推進力をもって、もっともっと遠くへ。

 

↓制作過程

 

 

 

作品番号 

in a loud voice

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 200×150 mm

⑥税込価格 198,000 円 (定価180,000円)

 

普段の生息地から境界線を越えて声を響かせる、セイレーンのこどもです。

未成熟であることは未来の可能性。

より広い世界へと存在を示す、弾ける生命力を描いています。

月は女性性の象徴でもあり、海面下でうごめく女性の思いを社会に向けて可視化したい思いも込めております。

 

↓制作過程

 

 

 

作品番号 

リーフィースパイラル

leafy spiral

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 150×100 mm

⑦税込価格 110,000 円 (定価100,000円)

 

朽ちた貝の主はもういないけれど、彼の生きた痕跡が次世代の拠り所となっている。螺旋を営みの象徴として、小柳が長年追求しているテーマです。

 

↓制作過程


 

 

 

作品番号 

リーフィースパイラルⅡ

leafy spiralⅡ

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 150×100 mm

⑩税込価格 77,000 円 (定価70,000円)

 

朽ちた貝の主はもういないけれど、彼の生きた痕跡が次世代の拠り所となっている。螺旋を営みの象徴として、小柳が長年追求しているテーマです。

 

↓制作過程


 

 

 

作品番号 10

居場所

their place

 

腐蝕銅レリーフ 銅/インク 150×100 mm

⑪税込価格 77,000 円 (定価70,000円) 

 

朽ちた貝の主はもういないけれど、彼の生きた痕跡が次世代の拠り所となっている。螺旋を営みの象徴として、小柳が長年追求しているテーマです。

 

↓制作過程