· 

個展

 

 

小柳優衣腐蝕作品展 their place

 

 

2022年6月8日(水)~6月13日(月)

10:00~20:00 ※最終日は17:00まで

銀座三越 7階ギャラリー

〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16

 

 

 

 

ーーー ご挨拶 ーーー

 

 

their place / あのこたちの場所

 

 こどもたちはどのような視点でものを見て、感じて、考えているのでしょう。固定観念の無い純粋な発想には常々驚かされてばかりで、いかに私たちが知識と経験と忖度から最適解を選んでいるのかを思い知らされます。そしていつの間にか、自らに知識と経験の無いものはこの世に存在すらしていないと思い込んでしまいます。受容できる感性が、知らず知らずのうちに狭まってしまうのではないでしょうか。

 

 自分に課せられた役割に翻弄されて、本来の自分がどこに在るのか、そもそも自分とは何なのか、見失いそうになることがあります。それは、自分の抱く様々な属性が、人生を支配しようとしているような恐れです。時にそれは自分のかたちをした器からあふれて、どんどんあふれて、寄り添えるはずの人を押し流してしまいます。

 

 大切なことは、ただ在るということ。特別でもないことや、ほんの些細な変化、ちょっぴりがっかりしたり、なんとなく嬉しかったり。そんなかけがえのない小さな思い出たちが人のかたちに積み重なって、命がひとつ、ただ在るということ。その原点を思い出すための入り口を、こどもたちのなかに見出しています。

 

 それぞれに生きやすい場所、在りやすい時間の流れがあることを想って。

 

2022.5  小柳 優衣

 


 

innocent prayer

etched copper

copper / ink 450*350mm

 

 日本人の祈りのアイデンティティーでもある折鶴の羽をたくさん持った子供の姿に、外の世界へ向けた平和への祈りを託しています。昨今のコロナや国際情勢を見て、特に子供たちが、戦争や殺し合い、分断の無い世界へ向かって行って欲しいと願っています。

 


 

叫び、もしくは静寂なる海の泡沫 

etched copper

copper / ink 200*150mm

 

その音色は歌声であり警告

 


 

もっと遠くへ 

etched copper

copper / ink 200*150mm

 

 内なる想いは推進力をもって

もっともっと遠くへ


 

innocent prayer Ⅱ 

etched copper

copper / ink 150*100mm

 

自分の手で羽を折っていく

平和への願いを込めて


 

morning dew 

etched copper

copper / ink 150*100mm

 

いちにちのはじまりに

清き朝露を 


 

ひみつのいりぐち Ⅱ 

etched copper

copper / ink 150*100mm

 

過ごしやすい環境、生きやすいリズム

それぞれの居場所

お互いの領域を決して侵さない

けれども手を取り合って

この先に進むことが出来る


 

愛すべき朽ちゆくものたち

etched copper

copper / ink 150*50mm

 

生命のエネルギーと朽ちゆく物質性の狭間

 


作品のお求めは本サイト内 問い合わせフォーム からご連絡ください